現在位置:Home   情報セキュリティ基本方針群

情報セキュリティ基本方針

科学技術の粋を集積し、機械類の中で最も多くの部品点数を必要とし、人の安全とシステムの信頼性を最高度に発揮するように開発製造された航空機、エンジン、航空宇宙システムは、産業、科学技術何れに於いてもこれからの我が国になくてはならない分野であり、我が国政府にあっても戦略分野に取り上げ、その振興を強力に推進することとなりました。これに必要とされる人材、情報、技術、研究開発、産業基盤、国や地方の支援、いずれにも多様で分厚い政策、戦略、民間活動が不可欠であり、我が社は、この先駆けとして、産学官の連携の中核としてその重要な役割を果たすため、平成26年10月に設立致しました。将来のビジョンを明確にし、産業が抱える課題を解決し、国際活動の隘路を打開し、さらには、人材や技術の育成を先導するために、これまで蓄積してきた技術基盤、人材ネットワークを活用して、超音速機の開発事業の推進、多用な小型機、水上機エンジンなどの開発企画、先端航空要素技術の探索と実用化、あるいはこれらの円滑な推進に必要な政策の有り様の研究などを進めていきます。 一方、この分野は常に広範な国際協力が求められる一方、熾烈な国際競争の中にあり、技術のみならず、人材や情報を含めたあらゆる事項が情報管理の対象となります。サイバーネットのセキュリティはもちろんのこと、お客様をはじめ、事業関係各社、各機関から持ち込まれた技術・産業情報、我が社が独自に開発取得した技術、企画情報、その他の機密事項の管理は、連携と協力によって活動の主体とする我が社の基本となります。この様な認識のもと、情報セキュリティの確保について必要かつ十分なシステムを整備し、実施することを基本方針とします。

制定日:2015年 6月29日
改定日:2017年10月 1日
改定日:2020年10月 1日
株式会社 超音速機事業企画

代表取締役社長 福山 佳孝

  1. 事業上の要求事項、情報セキュリティ関連法令(個人情報保護法、不正競争防止法、不正アクセス禁止法、著作権法など)または規制の要求事項、お客様との契約上のセキュリティ義務による要求事項を遵守します。
  2. 情報セキュリティに関する組織的かつ継続的な運用を実現するため、情報セキュリティ管理責任者及びISMS推進委員会を設置します。
  3. 全ての従業員に対する教育活動を実施し、情報資産を適切に扱うことが重要な社会的責務であることを認識し、業務を遂行します。
  4. 情報資産の利用目的・重要度に応じた適切な管理体制を実現するため、情報資産に対する脅威を特定し、継続的にリスク分析・評価してまいります
  5. 情報資産の機密性・完全性・可用性を確保するために、リスク評価の結果に基づいて、特定された脅威に対する合理的な情報セキュリティ対策を実施し、情報資産の安全管理に取り組みます。
  6. 内外からの監査を定期的に実施し、実施中の情報セキュリティ対策の合理性を客観的に評価するとともに、継続的な改善に取り組みます。
  7. 万が一情報セキュリティ事故が発生した場合、迅速に処理し被害の拡大を防止します。

 

ISO:IEC 27001:2013
株式会社 超音速機事業企画では、CSR (企業の社会的責任)の一環として、「情報セキュリティ基本方針群」のもと、情報セキュリティ活動に取り組んでおり、 2015年にJIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)を取得しました。
情報セキュリティ活動を通じた企業倫理の更なる向上、および情報社会におけるお客さまからの信頼性確保を目指し、継続的な取組で認証を維持しています。

 

お問合せは下記メールアドレスか電話にお願い致します。
Mail:soumu@superjet.jp
電話:050-3775-9115(担当:是永)

アクセスカウンター